こんにちは♪
PC1台でノマドライフを送る、藤島真菜です。


今回は「見込客の考え方」についてです。


コピーを書く際に、見込客を誤ると全く反応が取れません。
この動画をしっかり、理解してください。


それでは、動画をご視聴下さい。

 

 

以下の文章でも内容を把握する事が出来ます。
更に詳しく知りたい場合は、動画をご視聴ください。

 


コピーを書く上で、もっとも重要な事


コピーを書く際に、
まず初めにやって欲しいのは「見込客」の理解です。


あなたの商品を購入してくださる、客層を理解する事です。


見込客(客層)が何を考えているのか、

しっかり把握して、文章を書いて行きます。


見込客の理解が甘いと、誰に、何を伝えたいのか
良くわからない文章になってしまいます。

 

 


見込客の気持になる


文章を書く前に準備として、
見込客の気持になってください。


*見込客は、何に悩んでいるのか?
*見込客の、悩みのレベルはどの段階か?
*見込客は、どのような言葉遣いをするのか?


あなたが、見込客の気持に近づくほど
見込客の心に響く文章が書けるようになります。

 

 


1人1人を大切にする


文章を書く際は、必ず
1人に話しかけるようにします。


みなさん、ではなく「あなた」
という言葉を使ってください。


名前が挿入出来る場合は、名前を挿入しましょう。


特に最初のうちは、お客さんも少ないはずですから
1人1人に手紙を書く気持で心を込めて書きましょう。

 

 


テクニックではなく、真心


文章を良く見せるテクニックは、無数にあります。
そして、それらについても解説して行きます。


しかし
文章の根底にあるのは、真心であることを
決して忘れないようにしてください。


あなたの商品で、誰かの人生が変わります。


あなたの人生を良くします、一緒に頑張りましょう。
という真心があるから伝わるという、前提を忘れないでください。

 


今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます。
時間がある方は、関連記事も読んでみてください。