こんにちは♪
PC1台でノマドライフを送る、藤島真菜です。


今回は、「読み手を巻き込む、2つのテクニック」を紹介します。


それでは、動画をご視聴下さい。

 

以下の文章でも内容を把握する事が出来ます。
更に詳しく知りたい場合は、動画をご視聴ください。

 


ただ、書くだけでは、全く売れないし反応されません


コピーで反応を取る為には、
読み手の感情の奥深くに入って行く必要があります。


単に、論理的に説明しても、反応されないのです。


読み手の感情に入って行くには、どうすれば良いのでしょうか?

 

 


考えている事を「ズバズバ」当てる


人は心を読まれると驚きます。


「えー!何でバレているの?」


このような感情になった事が、1度はあると思います。


文章でも、相手が考えている事を、
「ズバズバ」当てて行く事が出来れば
どんどん先を読みたくなりますし
心の奥深くまで言葉が、刺さることになります。


このテクニックを「インバルブメント」と言います。

 

 


簡単なテクニックで、読み易い文章にする


インバルムメントを使って心を言い当てても、
文章が読まれていなければ、意味が無いです。


読み易い文章を書く簡単なテクニックに
バケッドブリーケードと言うものがあります。


これは「接続詞」を
独立させて読み易くする方法です。


例えば「しかし」「要するに」
このような接続詞を独立させて行きます。


しかし、ときたら、前の文書と逆の展開になる
これは、感覚的に誰でもわかることです。


人は、文章を文字通り読んでいるわけでなく、
次の展開を予想しながら読んでいます。


接続詞を独立して目立たせる事で、
予想しやすくなり、読み易い文章になります。


予想通りに話が展開すれば、読み手はスムーズに
心地よく文章が読めている感覚になり
どんどん読み進めてくれます。


読み易くし、かつ、読み手を巻き込む事が出来きる
簡単なテクニックですので、ぜひ活用してください。

 


今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます。
時間がある方は、関連記事も読んでみてください。