こんにちは♪
PC1台でノマドライフを送る、藤島真菜です。


今回は「権威」の心理について、お伝えして行きます。
権威を適切に活用する事で、販売が楽になります。


それでは、動画をご視聴下さい。

 

以下の文章でも内容を把握する事が出来ます。
更に詳しく知りたい場合は、動画をご視聴ください。

 


憧れのあの人の真似をしたい。


 

私は、2つ上の兄がいるのですが、
幼少期から兄がお手本であり、憧れでした。


幼稚園で、ピアノを習いましたが
それは、兄がピアノをやっていたからです。
小学校になると、剣道も始めました。
これも、兄が習っていたからです。


これは、好意の権威といい、憧れる人の
やる事や、情報が正しいと考えて、それに従う事を言います。

 


教授様の言う通り


 

権威には「好意の権威」「専門家の権威」があります。


専門家の権威とは、より専門的分野においては、
その道のプロ、大御所、専門家の意見に従うことを言います。


病気になった時は、自分自身の判断より
医師や、看護師の判断を尊重するのが普通です。

 

 


商品に、権威を付けよう


 

あなたが、商品を出す時に、
可能な限り権威を示すのが良いでしょう。


書籍の帯には、
「有名人の◯◯さんが大絶賛」
なんてのを良く見かけます。
あれも、権威を使っている例ですね。

 


*好意の権威
*専門家の権威


両方を、提示出来るのがベストですが、
難しい場合は、どちらか1つでも大丈夫です。


権威性を示せる商品の場合は、
しっかり示して行かないと勿体ないので
権威を示すようにして下さい。

 


今回も、最後まで読んで頂きありがとうございます。


時間がある方は、関連時期も読んでみてください。